素材の特徴を知る

アクリル板

アクリル樹脂から作られたアクリル板は、切断や折り曲げといった加工がしやすい素材でありながら、充分な強度も備えているのが特徴です。加えて透明度も非常に高く、ガラスでは割れてしまって危険といった場所にも使われています。

詳しく見る

旋盤や切削加工は外部委託

作業員

金沢市は旋盤や切削、研磨などの金属加工業者が多数あるので、そういった加工業務を行うならば委託するといいでしょう。自前で設備を整えても熟練工がいなければ加工は難しいので、外部委託を前提にしておくべきと知っておくべきです。

詳しく見る

様々な注文が依頼可

金属素材

金属加工メーカーは、鉄やアルミなど様々な素材を加工してくれます。金属を曲げたり、穴をあけたりすることも可能ですし、溶接や切断も可能です。また、法人や個人からの依頼も受けつけているので目的に応じて利用することが可能です。

詳しく見る

バラ売りや加工売りも可能

アクリル板

アクリル板は、厚みや色味によって同じサイズでも価格相場が上がります。最大サイズは180cm程度×90cm程度で3mm厚なら7,500円程度、5mm厚なら12,000円程度が相場ですが、色味が付くと10%程度割増になります。

詳しく見る

安定性のある酸化チタン

作業員

酸化チタンはアナターゼ、ルチル、ブルッカイト型があり、さまざまな用途で使用されています。最も有名な用途は白色着色料の原料としての使用です。ただし一部研究者からはその危険性が指摘されているのが現状です。また、もう1つ有名な用途は光触媒です。

詳しく見る

食品や化粧品にも使われる

素材

どのような物質なのか

酸化チタンと聞いてすぐに化学的な想像が出来る人は、かなり理数系の人かもしれませんね。多くの人は理科の授業で習ったかも、というくらいの認識でしょうが、化粧品に詳しい人は日焼け止めの成分として知っているかもしれません。この酸化チタンは化粧品に使われる以外にも、食品にも使われている物質です。肌に付けたり体内に取り入れたりしている物質ということになりますが、そんなに身近でありながら、あまりよく理解していませんね。酸化チタンはチタン化合物であり、二酸化チタンとも言います。ルチル型とアナターゼ型、ブルッカイト型という3種類に分けることが可能で、前述の食品や化粧品に使われるのはルチル型とアナターゼ型です。特性としては、排気ガスに含まれる硫黄酸化物や窒素酸化物を硫酸や硝酸に分解して、大気をキレイにする能力を持っています。シックハウス症候群を起こす原因物質のアセトアルデヒドなど、有毒ガスも分解します。ナノ粒子にすると紫外線を遮断する効果も持つため、これが日焼け止めとして使われる理由。親和性があり、膜を作るため鏡やガラスの曇り防止にも使われることがあります。なぜ食品に使うかと言えば、食品を白くするのに最適だからです。加工すると白色粉末が出来ますが、これが元の色を隠すのに優れた作用を持っています。他にも塗料や紙、プラスチックなど様々な素材に使われていて、化学繊維にもガラスにも広く活用されています。実際、挙げ始めればキリがないほど、生活の中に溢れている物質と言えるでしょう。

Copyright© 2018 All Rights Reserved.